コンサルタント解説

2021.01.04

説明のコツ

\私が解説します!/

みらいコンサルティンググループ 柳沼 匡寛

部下や後輩の方に会社のルールや業務の説明を行う際、「何でこんな簡単なことも理解できないのだろう?」と思った経験はありませんか?

それはもしかしたら、自分自身の説明内容を少し変えるだけで改善する問題かもしれません。

説明を行うときに特に大切なのは、
相手の理解レベルに合わせて説明する
ことです。

会社それぞれのルールや業務は、外部の人から見ると思った以上に難解なことがあります。
そのため、皆さんの説明が部下や後輩の方にとって、わかりづらいものになっているのかもしれません。

では、何に気をつければ良いのか?
1つのヒントは、前提を揃えることです。

「これくらいのことは知っているだろう」という先入観をもって説明するのではなく、
説明の際に用いる1つ1つの言葉の定義を、説明する相手が理解できているか、確認しながら説明を進めていくことをお勧めします。

部下や後輩の方は、その場の雰囲気で、説明がわからなくても適当に相槌を打ってしまうこともあり得ます。(皆さんも経験があるのではないでしょうか。)

そういった状況も踏まえ、1つ1つの言葉の定義に気を遣い、お互いの前提を揃えた上で説明を行うことが、説明の際には効果的です。