コンサルタント解説

2021.01.15

その感謝の気持ち、伝わっていますか?

\私が解説します!/

みらいコンサルティンググループ 米坂 将英

コンサルティングの現場では、社員同士のコミュニケーションがうまく取れず、結束力が弱い、というケースが見られます。特に上司には、思っていても口に出せない、という経験が皆さまにもあるのではないでしょうか。
こうした会社では、言いにくいことだけではなく、お互いへの「感謝」も伝えていないことがほとんどです。

例えば「上司や部下に感謝していますか」と聞かれたら、多くの人が「はい」と答えると思います。一方、「感謝されていますか」に対しては「分からない」と答える人が多いかと思います。つまり、「感謝の気持ちが伝わっていない」ということです。

折角、「ありがとう」という感謝の想いがあるのに、相手から「感謝されていない」と思われているのは、勿体ないことではないでしょうか。

こうしたコミュニケーションの改善策として、過去に関与したA社で取り組んだ事例を紹介します。
それは・・・「日報や週報などの報告書に感謝の欄を作ること」です。
「感謝の欄」に感謝したい人に宛てて一言メッセージを書いてもらい、後で本人にフィードバックするのです。
例えば「●●さん、書類を使いやすく整理してくれてありがとうございます」「〇〇さん、的確な会議メモをありがとうございます」など、簡単なもので結構です。

たったこれだけのことですが、コミュニケーションは大きく改善します。
A社で最初に変わったことは、感謝された人から感謝した人へ「感謝の感謝」を言葉にするようになったことです。
そして徐々に、社内で感謝のアンテナが立ち始め、小さい出来事でも感謝の種を見つけるようになりました。感謝の気持ちが伝わると相手のやる気につながります。
ここまでくると、いままで言えなかったことが自然と出てくるようになり、改善案が出てきます。こうしてA社は、結束力が強くなり、会社を活性化させる土台が出来上がりました。

皆さまは感謝の気持ちをどのくらい相手に伝えていますでしょうか。それは伝わっていますでしょうか。
上記の方法を是非試してみてください。